人気占い師ならエキサイト
エキサイト電話占い

奏(かな)のFORTUNE SESSION part2

エキサイト電話占い所属/奏からのお知らせやコラムです。

皆様から度々戴くお声への回答(2017.1月追記あり)

奏です。
大変遅ればせながらですが、皆様新年明けましておめでとうございます!
既にお仕事開始されていらっしゃる方、通常の生活モードに入られている
方が圧倒的かと思いますが、お正月はゆっくり過ごされたでしょうか(^^)
2012年が皆様にとって実りの多い、それでいて心穏やかな時間と成りますよう
願っております!!



・・・私は年末に家族からお腹の風邪を引き受けてしまいまして、寝正月
状態で過ごしました(^^;)
元旦より徐々に体調が戻りまして、年内にお送りする予定でおりました
お値引きキャンペーンの鑑定報告返信を元旦に送信させて戴く等、結果的に
色々と立て込んでしまいました。
どなたでも起こりうる事ですが、重なる時は本当に色々な事が重なる物で
別名義個人セッションも立て込んだり、バタバタしてしまいますね。
昨日からようやく普段のリズムに戻れたかなあという状態です。
例年のモットーとしまして、心・声・表情・肌に透明感を。
そして同時にその姿勢をしっかりと正しながら揺るがぬ信念を持ち、精進
して参ります。




昨年〜キャンペーン中に戴いたご依頼者様からのご質問や、その他の声
から重複したものにつきまして、改めて記しておきたいと思います。




【Q1】霊波動の色は変わるの?
【A1】以前も記載したことがありますが、奏は霊視能力はほぼありません。
(ご依頼者様とのご縁によって、映像的に状況〜姿形を視ることの出来る
幅〜内容がかなり左右されますので、霊視のレベルではありません。)
視覚的にほぼ左右されず視て取れるのは、その方が持つ霊波動の色の状態
のみですので、セッション時にそのお色の状態から霊的気質体質について
先ずお伝えすることが殆どです。
※所属委託元さん/エキサイト電話占いHPにて公開中の、無料メール鑑定
をご参照いただけると判りやすいかと思います。
生まれながらの霊波動(保護膜層)の色の内外がそれぞれ何色で、クリアな
発色なのか濁りがあるのか曇りがあるのか、また膜層の形状がなめらかなのか
凹みがあるのかボコボコなのか空洞が出来てしまっているのか。
これらで全て状態や意味合いは違って来ます。
つまり、こうした意味では色の状態は変わりますし変える(回復させる)事は
もちろん出来るのですが、例えばピンクの保護膜をお持ちの方がある日突然
緑に変わるということは死相が出ている時以外は先ずありません。
(少なくとも奏は視たことがありません。)
何色だから良い悪いではなく(どんな色でも才と弱点が表裏一体で同時に共存
しているからです)、元来生まれながらにお持ちの色をクリアな発色で
保護膜層の形状もなめらかに保てているのがベストです(^^)




【Q2】どうして未来を断言しないの?
【A2】霊的観点やタロットの暗示で拝見する部分については、【今その瞬間の
状態から拝見(聴き取り)した流れ】であること。
星のサイクルで解析する部分については【運勢サイクルによる傾向〜可能性】
であること。
奏の指針につきまして、くどいようですが【占いは活用術】ですから、セッション
の中で「〜の可能性や傾向があるので、今後は〜のような選択肢もある」ですとか
「〜のような対応策で回避するやり方もある」という表現になります。
星のサイクルを変える事はできませんが、それを知ることにより回避策や選択肢
の視点の幅を拡げる事が出来ます。
断言する表現をしますと、どうしても【占い=結果として囚われ、活用するでなく
未来保障のように依存を助長】してしまうので、奏が最も自戒しております事に
反するのです。
同時に、視点を変えたり選択肢の幅を拡げる事により、何かを回避したり前進
できるならば【今その瞬間から拝見した流れ】を善きにつけ悪きにつけ、変えて
行くことが可能であると捉えている為です。




【Q3】不倫なのですが、相談してもいい?
【A3】全く構いません(^^)
但し、それは1つの【状態〜環境であると捉え、不倫を全て推奨するわけ
ではありません】。
http://d.hatena.ne.jp/kana_session/20091216 にも予め記載させて戴いて
おりますが、どんなご相談でも現実的かつシビアなお話をお伝えする場合も
ございます。
ですので、「ただ不倫を応援して欲しい」「気休めでも安心させて貰えれば良い」
「現実的な話など聞きたくない」「全体を見渡すより、ただ自分の情欲を優先
したいだけ(ナルシシズムへの陶酔)」という主旨のご依頼ですと、奏では全く
お役に立てません(^^;)
これは奏の私情という事ではなく、この役目における奏の信念であり指針です。
どんなご相談ご依頼にも【今在る現実をより善くして行く為の活用術】と捉え
役割に徹しています。
不倫という1つの状態〜環境について、唯一私情を述べさせて戴くならば
近年流行りの‘婚外恋愛’という表現は、己のナルシシズムへの正当化に
傾倒していると感じますので好みません。
不倫という【1つの状態〜環境を客観的かつ現実的視点で捉えた前提で】回避〜
解決する術(=別れろという短絡的な意味ではありません)を探す主旨のご依頼で
無いと、おそらくお役には立てないかもしれません。




【Q4】インターネット上で誹謗中傷されているのを目にしたけど?
【A4】セッション時にご依頼者様よりご心配の言葉を頂戴したり、
当ブログのコメント欄にわざわざ資料として誹謗中傷内容を告知
戴くことが数回ありました。
以下は過去にとある方面から別名義の活動において誹謗中傷〜個人情報漏洩
そして成りすまし加害を受けた際にもメインブログでも記載したことがある
のですが、「正論ならば何故名前を隠して他をどうこう言うのか?」と違和感
感じてしまう為、理解が困難であり説得力を感じないのです(^^;)
根本的に性に合わないのでしょうね。
仮に奏がその立場であれば、名を隠すことなく真っ直ぐにお伝えするので、
わざわざ名前を隠して悪口的にものを言うという卑劣陰湿な発想が思いつかないと
言いますか・・・
特にご依頼者様からであれば、誹謗中傷でなく正論の正当なご意見や叱咤であれば、
セッション実施後の感想欄において評価(悪い評価=お役に立てなかった部分)や
お叱りを頂戴できれば、励みにもなる上どの解析が間違っていて霊的には何を
捉えきれていなかったのかを確認〜内省し改めることが出来ますので、逆に有り難い
ことなのですね。
そして何より、ご依頼者様は私どもに対して貴重な時間とお代を使われていますから
お叱り評価をする権利があると感じています。
私どもはそれを受け止めるべき責務があります。
実際に真っ直ぐにお伝え下さった方々もおられますし(内容公開については私ども
占い師個人が弄れるシステムではない為、事務局までお問い合わせをお願い致します)、
戴いたものに対して必ずお詫びと御礼またご説明できる点に関してはそれも含め返信
させて戴いております。
私の知らない場で進んでいる誹謗中傷につきましては、なにぶん「何故名前を隠して
まで?」と理解不能な方面なので、コメント欄に告知(資料転載)戴くことがなければ
奏では知り得ません。
しばしば「ネットで噂を立てられている」「腹いせをされた」というような
ご相談ご依頼を頂戴することがありますが、それについて鑑定+卑劣稚拙陰湿なやり方には
それ相応のものが寄る〜全く説得力に欠けているという現実をお伝えさせて戴いて
おります(^^)
ネットに限らずですが、物理的に見えるものが全てでは無く【全ては必然で表裏一体】
なのですから。
人との出会いも何らかの事象による経験も全ては無駄になることは無く、今この瞬間
に起きている事というのは、その次の瞬間以降【全て糧という名の土壌と成り、己の
足元にある】ものです。
お話が反れましたが、このご質問〜ご心配につきましては、こんな感性価値観な為
大丈夫です(^^)
寧ろ奏を庇う内容を書かれて、巻き添えを食らうような酷い言われ方をされた方に
とても申し訳なく思っております。
私が介入できぬ場(知り得ぬ場)で嫌な思いをされないように、奏の誹謗中傷については
放置下さいませ。
ブログへの転載やご心配を頂戴するタイミングほど、逆にご依頼が重なる〜ブログ閲覧
数が増えるという不思議な事象が起きているに過ぎません。
(こればかりは本当に不思議ですね^^;)
共感や理解し合い〜捉え方も本当に人の数だけあり、それは霊波動の色やタロット暗示の
組み合わせ星のサイクルの数と同等に、人の数だけあるのだという事なのでしょう。





※以下、2014/5月12日追記





【Q5】占い師も悩むこと(つらいこと)はあるのですか?
【A5】悩むことはもちろんあります!
厳密に言いますと、‘悩むというよりは翻弄される’と言った方が的確ですが(^^;)
これまでにご縁を頂戴しているご依頼者様には奏の鑑定手法をご存知戴いておりますが
(無料メール鑑定でもご判断戴けると思いますが)、まず鑑定対象者様全ての霊波動の色を
見極めた上で進めて行きます。
外側の色(外部要因へ向けて意識して発揮する要素〜在り方)と、内側の色(本質と深部の
才覚)ですね。
現実を見極めることに関して全く普通の生活ですし、サイクルもおおざっぱに
しか把握せずに過ごしています。
バースデイムーンと各惑星の逆行だけです、常に意識しているのは。
またお役目の中で確認材料として用いるタロットを開ける事もほぼありません。
(季節に1度あるか無いか位。)
つまり翻弄されることになるわけです(^^;)
役割を離れている時間の奏は、根っからの理想主義者です。
根本的に人を信頼(依存ではなく信頼)したいですし、また私自身もそういう人と成りたい。
ある種の肩書きをお持ちの方や目上の方を尊敬したいですし、そうすべきとも思っています。
つまり、物凄く騙されがち流されがちだということです(^^;)
例=「Aさんは○○の立場におられるから、きっと尊敬できる方のはず。
人として深みがあるはずだ」という理想論で人と関わります。
見極められないことの方が幸せ。
知らない方が幸せ。
現実を生き戦う上ではこんなことの方が多いですからね。
なので、必要に迫られ(問題が生じて)初めて事象や対象者を霊的な側面で視聴きした際に
「おいおい、最初から見極めるなり聴き取るなりしとけ!!」と私自身に対して
ぶち切れていることも多々(--;)
権力を持つ人は自戒意志と品性を持って居て欲しい。
でないと魅力を感じないので着いて行きたくない〜行かない。
毒気が感染するから視界に入れない。
気まずいから避けるのではなく、関わる気が消えるのです(^^;)
これは奏個人の美学であり信念でもあり理想論でもあり、同時にエゴでもあります。
人生は戦いの連続ですが、私自身で言いますと己の理想論との戦いでもあります。
そうは言っても、人として抗わなくてはいけないもの・受け入れるべきではない
ものもあるわけです。
鍛錬ですね。
ただただ自戒と鍛錬あるのみ。




【Q6】いつも霊感や霊聴でものを見て生活しているのですか?
【A6】奏には透視〜霊視能力はほぼありません
(ご依頼者様との相性に物凄く左右されてしまう為)。
対面でも遠隔でも映像として捉えているのは、まずこの波動の色み+発色状態がクリア
なのか薄いのか濁っているのか膜層形状に異常がないかどうか等です。
相性の良いご依頼者様とのセッションですと、身体的なシルエットや特徴的な仕草などを
捉える場合もありますが、遠隔ですと相性その他でそこまで捉えられるケースは1/4位
でしょうか。
(その程度の力量〜相性に左右される為、霊視や透視は謳っていないのです。)
そして必要に応じて、その方の心情パターンや言葉などを霊聴して解析して行きます。
普段の生活では身が持たないこと。
同時に、偏り過ぎると現実に地に足のつかない危ない人に成りかねない為、
こうした霊的視点や耳は閉じているのですね。
(特に霊聴はある意味では盗み聞きになりかねず無礼だと思う面もあります。)




【Q7】(既に起きた過去〜現在まで+人物に関して)どうしてそんなに判る〜
解るのですか?
【A7】相性の良いご縁でセッションさせて戴く際に「どうしてそんなに判るの?」
と感じて
下さるのではないかと思います。
※相性=ご依頼者ご本人様がフラット〜ニュートラルな状態どうか。
特に遠隔ですと自己陶酔感〜自我や疑念が強すぎる方、人の声(言葉)
〜情報過多な状態では
奏の力量の至らなさで、どの音声を拾えば良いのか的を絞り切れなかったり、希望対象者
様以外の声を拾ってしまうことが生じる場合があります。





※以下、2017年1月11日追記





【Q8】心理カウンセラーの資格も持っているのですか?
【A8】ボランティア活動の中で臨床心理士アーユルヴェーダの施術家・弁護士の方々とご一緒させて頂く事はありますが、
【奏自身は臨床心理士の有資格者ではございません。】








===================================




★奏は【占いに依存させない】を強く指針としております。★





初めて奏とのセッション(お電話・メールに関わらず)実施をご検討下さって

いる方、占い依存傾向の強い方は、下記URLにまとめてあります各項目を

【予め必ずご一読の上で】お声かけ下さいませm(--)m

http://d.hatena.ne.jp/kana_session/about